remove-loafer

靴のお悩み

ローファーが脱げる!対策と正しい歩き方。いつでもどこでも愛用したくなるオススメ商品紹介。

更新日:

お気に入りのローファーなのに、歩くたびにかかとが浮いてカポカポ。歩きにくいですよね。それを我慢して履きつづけていると、靴ずれをしたり足や骨盤に負担がかかったり。急いで歩きたいときも、気持ちだけが先走りしてしまうのでもやもやします。

ここでは、

「脱げるから歩きづらい」

「思いっきり走れるようにするには?」

「脱げにくいローファーを履くには?」

と、お悩み中のあなたへ。ローファーを履いたときにかかとが脱げないようにする簡単な方法を紹介していきます!

かかとが脱げないようにするカンタンな方法

かかとが脱げないようにするコツは「足と靴をフィットさせる」こと。靴の中のすき間を埋めることがポイントです。厚手の靴下を履くのも1つの方法ですが、コーデに合わせたり夏の暑い日に履いたりするには不向きですよね。

ローファーのかかとが脱げるときは、360度すべてにすき間を埋めるものを貼ったり入れたりすることで改善!今のローファーを履いてみて、「つま先・甲・甲の幅・かかとの幅」のどこにすき間が空いているかをチェックしてみましょう!

つま先にパッドを入れる

ローファーを脱いだときに中が気になる人は、つま先部分に低反発・クッション性があるものをIN。足の指・爪を保護することも可能です。

甲にタンパットを貼る

足の甲が薄くて平べったいかたちの人は、ローファーの甲にタンパットを。長期間履きつづけてクの字のように曲がってしまったものにも有効です。

底にインソール(中敷き)を入れる

足の幅がせまく、甲が薄い人は底にインソールを入れましょう。中にクッションを敷くことで底をあげ、幅をせまくしつつ足の甲とのすき間も埋めてくれます。歩きながら、中で足が滑っていると感じている人にもおすすめ。

かかとパットを貼る

足のかかとが小さい人は、かかと専用のパットを貼りましょう。ローファーは、かかと部分のカーブが硬め。足になじみにくいので、いったんすき間ができるとなかなか改善しません。脱げやすかったり靴ずれしやすかったりします。

ローファーが歩きにくい!となる前に

新しいローファーが欲しいとき。かかとが脱げるのってなかなかわからないですよね。試し履きできるのは店内のみ。足にフィットするかどうかは、実際に長く履いてみないとわかりません。ローファーのかかとが脱げたりなどで「歩きにくい!」となる前に、以下のような対策を意識してみましょう!

靴の減り方で歩きグセをチェック

減り方

出典元:NIKKEI STYLE(2018年9月3日時点)

まずは、歩き方を改善してみましょう!

あなたが愛用している靴の底をチェック!

  • 全体的に外側
  • 全体的に内側
  • かかとの外側
  • つま先下の中央
  • 左右バラバラ

こちらのどの部分が大きく減っているかで、歩きグセがわかります。理想的なのは、かかと外側+親指下周辺が減ること。かかとから地面へ着地して親指で押し出して前進するという、正しい体重移動ができている状態です。

かかとの外側が大きく減っている人は、からだの重心が後ろに偏っている人。親指への体重移動が上手にできていません。反対に、かかとのつま先が大きく減っている人は、つま先に重心をかけて前のめりになりなりながら歩いている人。外反母趾になりやすい歩き方だといわれています。

全体的に外・内側に減っている人は、ガニまた・内また・O脚・X脚になりやすい歩き方。姿勢が悪くなったり足の筋肉がキレイにつかなかったりします。

線の上を歩くように意識しよう

Walk on a line

歩きグセをなくすために、正しい歩き方を意識してみましょう!歩き慣れた感覚を直すのってとても大変かもしれませんが、少し意識するだけでも改善します。

コツは、1本の線の上を進むように歩くこと。女優さんのように、エレガントにスッスッと進むような感じです。姿勢を正して目線は10cmほど先へ。つま先を下に向けたまま親指で押し出して、かかとから着地するようにしましょう。次の1歩は両ひざをこするように。歩幅をやや狭くするように意識して、ひざを曲げないようにのがポイントです。

サイズを合わせよう

正しく歩いているつもりなのに歩きにくい!それは、そもそもローファーと足のサイズが合っていないからかもしれません。ローファーは、スニーカーなどのように靴紐がないため、履きながらのサイズ調整が困難。履き続けていても縦方向には伸びにくいので、購入時点でしっかりとフィットするものを選ぶのがポイントです。

おすすめは、スニーカーのサイズよりも0.5~1cm小さめのもの選ぶこと。ローファーは、足が中で前後してもケガをしないように作られており、つま先部分に余裕があります。つまり、スニーカーと同じサイズのローファーを履くと、すき間ができる可能性が高いということ。

かかと・横幅・足の甲のフィット感を確かめつつ、まずはいつもより小さなローファーを手に取ってみてください!

脱げにくいローファーを買おう!

Enamel Loafer

脱げにくく、歩きやすいローファーがこちら。ground(グラウンド)のエナメルローファー!カジュアル・ガーリー・マニッシュ(男性的)など、いろいろなスタイルにマッチします。ストレッチ素材で伸縮性があるので、使えばつかうほど足にフィット!クッション性の高いインソールが入っており、長時間歩いていても快適です。

Enamel Loafer

カラーは全7種類!(※2018年9月時点)毎年新色が追加されるので、それを楽しみにしている人も多い大人気アイテムです。

 

もう、脱げない・傷まない・疲れない!

ツヤツヤで高級感のあるローファー。歩きながら脱げちゃうことで思う存分履けないのって、とても悲しいですよね。最悪、ケガをしたり外反母趾や骨盤のゆがみを引き起こしてしまったり。そんなストレスを軽減するために、いつもの歩き方をちょっとだけ意識してみてくださいね。

新しいローファーを選ぶときは、足のサイズにしっかり合わせたローファーを!種類・かたち・素材はさまざまですが、伸縮性のある素材だったりインソールやつま先部分のクッションが充実していると安心です。脱げない・傷まない・疲れないものを選べば長く愛用でき、いつの間にかあなたの姿勢&歩き方もうつくしくなっているでしょう!

ちなみに、くるぶしまでの短い靴下が脱げるときは、ソックタッチで止めるという方法があるとか^^

-靴のお悩み
-

Copyright© ground(グラウンド)-ファッション通信 , 2018 All Rights Reserved.

MENU