enamel

靴のお悩み

上品・ゴージャスな『エナメル靴』日々のお手入れ&雨に濡れたときの対処法。

更新日:

ピカピカで美しいエナメル。鏡のように反射する光沢感と少しの防水性が特長です。カバン・財布・靴などに用いられ、身につけるとなんだかキラキラでゴージャスな印象に。でも、傷がついたり濡れたりしたら、そのピカピカがなくなるのではないかと心配ですよね。

ここでは、

エナメルってなに?

どんなエナメルの靴がある?

ピカピカをキープするには?

と気になるあなたへ。魅力とお手入れ・保管方法をご紹介!ground(グラウンド)おすすめのエナメル靴を履いて、女性らしさをアップさせてくださいね^^

幅広いシーンに使えるレディース用エナメル靴

エナメル靴の魅力は、なんといってもその光沢感!足元をきらびやかにさせ、品のある印象を与えます。また、水や汚れに強い革靴として、本革にありがちな雨のシミができにくい一面ももっています。

エナメルは、簡単にいうと「革に樹脂をコーティングしたもの」。本革では、クロムなめしを施した革の表面に、油脂や合成樹脂を厚く塗って乾燥させています。

お手入れに靴黒を使わない手軽さから、舞踏会で足を踏まれても汚れにくい靴として愛用されていたのだとか。その後、パーティーやビジネスなどフォーマルなシーンで広く使われるようになりました。

レディース用のエナメル靴といえば、

  • ローファー
  • パンプス
  • レースアップ

など、いろんなデザインがありますよね。「ビジネス」「スポーツ」など特定のシーンにかぎらず、かっちりスタイルにもラフなスタイルとも相性の良いエナメル靴。その日の天気や気分に合わせて、いろんなエナメル靴を楽しむことができます。

以下にてご紹介するのは、レザーではなく合成皮革のエナメル!雨などの水や傷に強く、お手入れがほとんど不要な使いやすい素材です。

【ground(グラウンド)おすすめ】

エナメルローファー|ground green store


当ショップがおすすめしたいのは、ベーシックなデザインで幅広いシーンに使えるエナメルローファー。ガーリーやカジュアルスタイルにはもちろん、男っぽさのあるマニッシュスタイルにも使える人気アイテムです。

伸縮性のあるストレッチ素材と程よい軽さで、履き心地抜群!ローファーにありがちな「足の痛み」「かかとが脱げる」などのトラブルが起きにくく、足あたりの良い1足です。

エナメルローファー

甲にあしらわれたグログランリボンがアクセントに。毎年新色を追加しており、カラー展開が多いのも魅力の1つですよ。年齢問わず、幅広いお客さまから支持をいただいています。

※ground公式オンラインストア限定価格でお買い求めできます^^

光沢感アップ「ビット」

エナメルビット厚底ローファー|ground green store


エナメルの光沢感を引き立てる「ゴールドビット」がやみつきになりそう!トレンド感のある厚底ソールと靴全体の軽さで、とても歩きやすいローファーです。

エナメルビット厚底ローファー

エナメル全体は、とてもやわらかい素材。さらに、ふかふかのクッションを中に敷いていますので、長時間履いても疲れにくいのが魅力です。

足元にボリュームを「レースアップ」

コバビジューヒールマニッシュシューズ|ground green store


足元にボリュームを出したいときにぴったりなレースアップシューズです。足元が寂しくなりがちな重ための冬コーデや、全体的にシンプルになりがちな薄着の夏コーデ。どちらにも使える便利なデザインです。

コバビジューヒールマニッシュシューズ

ソール全体にあしらわれた小さなビジューも魅力的!ビットと同様、エナメルの光沢感を引き立てます。ヒールの高さは歩きやすい4.5cm。マニッシュなスタイルに、少しの女性らしさと個性を出したい人におすすめの1足です。

くっつき注意!正しいお手入れ&保管方法

靴は本来、使ったら最後にケアをするのが良いといわれています。デリケートなエナメルは、暑いと溶けて寒いとひび割れに。でも、正しいお手入れと保管方法を知っておけば、ピカピカな光沢感が長く楽しめますよ。

ブラシはNG。やわらかい布で拭く

履き終わったら、まずは全体を見て汚れがないかを確認!あれば、やわらかい乾いた布で拭きましょう。傷がつかないよう、ブラシや砂消しなどのザラザラしたものは避けてください。

エナメル専用のケアグッズを使う

少しツヤがなくなってきたと感じたら、エナメル専用のクリームで革に水分&油分を補給。ホコリ・指紋・くもりが取れ、ツヤが復活します。悪化を防ぐため、かならずエナメル専用のもので!色々なローション・クリーム・クリーナーがあるので探してみてくださいね。

エナメル同士・紙類がくっつかないように保管

保管は、新聞紙・ダンボールなどの紙製品に触れないように。くっついたり文字がうつったりすると、綺麗にとり除けなくなります。長時間履かない場合は、エナメル同士が触れないようにしておくと安心ですよ。

極端な暑い・寒い場所に放置しない

エナメルの性質上、寒すぎる・暑すぎる場所に長時間放置するのはNG。例えば、炎天下の車内に置いて忘れてしまうと、高温でエナメルが溶けてくっつき変形します。

持ち運びは「布袋」で

旅行や出張で持ち運ぶときは、布袋に入れて大切に扱いましょう。新聞紙・紙袋・ビニール袋はNGです。

雨に濡れても大丈夫?

rain

水や汚れに強いエナメル靴。とはいえ、やっぱり雨や水に濡れてツヤに「くすみ」「くもり」が出ないか心配ですよね。雨への対策をお伝えしていきましょう!

防水スプレーはNG

革靴に定番の防水スプレー。エナメルとの相性は悪く、吹きかけると一気にくすみが出てしまいます。さらに、シミや汚れの原因にもなるので絶対に避けてくださいね。

濡れたらやること

雨に濡れたら、まずは水分をとることから。乾いた布で水分を軽く拭き、新聞紙やキッチンペーパーを靴の中に入れて自然乾燥をします。エナメルは熱に弱いので、ドライヤーを使ったり暖房器具の前に置いておくのはNGですよ。

雨でも安心「防水タイプ」

天気の悪い日は、防水仕様のエナメル靴を履いて出かけると安心!

雨で靴が濡れて歩きにくい

エナメル靴は防水スプレーが活用できないので、濡れたらその後のケアが重要です。でも、帰宅して脱ぐまで靴の中は濡れたまま。歩きづらく、とても不快です。水・汚れに強いとはいえど、やっぱり雨にはあいたくありませんよね。突然の雨も憂鬱です。

晴雨兼用エナメルレインパンプス|ground green store


そんなあなたにおすすめなのがこちら!デイリー使いに大活躍のシンプルなプレーンパンプスです。インソールの中底に防水シートが入っており、雨に濡れても水分が染み込みにくいのが特長。カラーはコーディネートしやすい4種類です。

晴雨兼用エナメルレインパンプス

クラックプリントの模様で、おしゃれ感もあり!普段使いはもちろん、オフィス・パーティーなど幅広いシーンに使えます。

デリケートだからこそたくさん履いてほしい

色々なシーンに使えるエナメル靴は、その日のスタイルや季節問わず年中使える万能アイテム。反射を利用した光沢感は、あなたに品格と高級感を与えます。

日々のお手入れや濡れたときの処置。ほかの革靴とは少し違って、エナメル靴は専用のケアが必要です。履かずにいると、知らぬうちにカチカチになってしまった!なんてことも。定期的にケアができるよう、あなたの定番靴としてたくさん使ってくださいね^^

-靴のお悩み
-,

Copyright© ground(グラウンド)-ファッション通信 , 2019 All Rights Reserved.

MENU